重賞勝ち馬評価 札幌2歳ステークス【ソダシ】 小倉2歳ステークス【メイケイエール】 新潟記念【ブラヴァス】

重賞勝ち馬評価 札幌2歳ステークス【ソダシ】 小倉2歳ステークス【メイケイエール】 新潟記念【ブラヴァス】

札幌2歳ステークス

ソダシ(クロフネ×ブチコ by キングカメハメハ)牝・18生

有効世代数:10代目

 

Ⅰ 主:6 結:8 土:4 弱:2 影:2 集:2 質:3 再:5 SP:4 ST:3 特:0

合計:(39/60)点 クラス:3B

Ⅱ 日本適性:□ 成長力:〇

Ⅲ 距離適性

芝:S × M □ I 〇 C △ L ×

ダ:S □ M 〇 I × C × L ×

芝適性:〇 ダート適性:〇 重馬場適性:□

Ⅳ 開花率:低め 成長型:遅め

 

〇 短評

 

主導は、その父Nearcticから系列クロスを形成する、Northern Dancer5×5・6・6。主導傘下のNearctic.Almahmoud。次いで、Never Bend-Nasrullah.Hail to Reasonの系列クロスで血統を構成。各系統の連動は、自身の土台構造を形成するNearco20連-Pharos(=Fairway.Fair Isle)21連で強固に結合している。また、クロフネ産駒においてネックになりやすい、Pago Pago内もSchiaparelli.Friar Marcusをクロスさせ、ひとまず弱点の派生を防いでいる。惜しむらくは、父父内Bunty’s Flightにおいて9代目にならないと、クロスが作成されない点だが、当馬の場合、10代目までが有効世代数である為に、さほどのマイナスと取らなくても良い。また、重ねて惜しまれる点が、5代目において、Never Bend-Nasrullah.Hail to Reasonをクロスさせ、欧米系の結合のアシストとして多大な貢献をしているものの、主導が不明瞭になった点か。反面、有効世代数10代目ギリギリにはなるが、PrincequilloがTraceryで、Djbel-TourbillonがPrincequillo内Gay Crusaderを通じて、Count FleetがSundridgeで結合を果たしたのは見るべき点である。上記の考察を踏まえると、白毛馬であるという、派手な見栄えとは異なり、しっかりした配合だと言えるだろう。本質は、切れ味よりも長く良い脚を使う可能性を秘める、芝・ダート兼用のマイル~中距離タイプ。重馬場はこなせる程度。

 

小倉2歳ステークス

メイケイエール(ミッキーアイル×シロインジャー by ハービンジャー)牝・18生

有効世代数:9代目

 

Ⅰ 主:7 結:6 土:4 弱:2 影:1 集:3 質:4 再:5 SP:4 ST:3 特:1(主導牡牝を通じたクロス)

合計:(39+1/60)点 クラス:3B+

Ⅱ 日本適性:〇 成長力:□

Ⅲ 距離適性

芝:S 〇 M 〇 I △ C × L ×

ダ:S 〇 M □ I × C × L ×

芝適性:〇 ダート適性:〇 重馬場適性:□

Ⅳ 開花率:低め 成長型:早め

 

〇 短評

 

前面で、サンデーサイレンス3×4、デインヒル4×4のクロスを持つが、前者はHail to Reasonが世代ズレを起こしたため、単一クロスとなり、デインヒルは中間断絶クロスの為、主導は、Lyphard5×6の系列クロス。ただし、同位置である5代目に、その父Northern Dancerが位置する為、血統4ブロック全てにおいて、Northern Dancerを10連と配しながら、極めて明確にとはならなかったのが惜しまれる点である。しかしながら血統全体の結合力は血の濃さがある為に、そこまで評価が高くならないが、Sir Ivorなどのアシストもあり良好。ここが当馬の能力の源泉であると言える。また、Sir Ivor.Crepelloがスタミナの核を形成。一介の単距離馬では無い。本質は芝・ダート兼用のスプリント~マイルタイプ。重馬場は普通にこなせる程度。

 

新潟記念

ブラヴァス(キングカメハメハ×ヴィルシーナ by ディープインパクト)牡・16生

有効世代数:9代目

 

Ⅰ 主:7 結:4 土:3 弱:2 影:2 集:5 質:3 再:4 SP:4 ST:3 特:3(母・伴性血縁牝馬 Halo)

合計:(37+3/60)点 クラス:3B+

Ⅱ 日本適性:〇 成長力:□

Ⅲ 距離適性

芝:S △ M 〇 I □ C × L ×

ダ:S × M □ I △ C × L ×

芝適性:〇 ダート適性:□ 重馬場適性:□

Ⅳ 開花率:普通 成長型:遅め

 

〇 短評

 

前面でクロスした点、Mr.Prospector3×4は、ほぼ単一クロスの為、主導はNureyev4×4の系列クロス。主導傘下のNatlma-Almahmoud、次いでNasrullahの系列クロスで血統をリード。主導たるNureyevとMr.ProspectorはNearco.Native Dancerで強固に連動し、米系の結合アシストを行い、更にスピードのアシストをおこなっている。また、主導内の生かし方はかなり良好であり、特に母方はSpecialこそ落失するものの、Hyperion-Gainsborough.Mieuxce.Fair Traial.Nasrullah-Nearco.Gold Bridgeを生かし、そのスピードを存分に発揮している。惜しむらくは、前面でクロスを多用した配合であるものの、Princequillo.Tourbillon等の結合を果たされていない点や、これといったスタミナの核が無くAimee程度であるのも不満が残る部分である。反面、前述の通りスピードにはかなりの良さがある配合で、本質は芝向きのマイル~中距離タイプ。ダートや重馬場はある程度こなす。

 

(taku.O)
1日1クリック!皆さん、応援よろしくお願いしますm(__)m


Advertisement

各馬評価カテゴリの最新記事