2021年4月

1/2ページ

皐月賞2021過去10年の傾向データ

皐月賞(G1)は、中山芝2000mで行われる3歳限定の別定G1。 クラシック三冠の第一関門で、昔から「スピードの皐月賞」と言われる。 昨年は、コントレイルが、一昨年のサートゥルナーリアに続き、ホープフルS(G1)からの直行で、ここを勝っている。 では、過去10年の傾向データを見ていこう。 ●人気 成績 勝率 連対率 複勝率 1番人気 4-1-1-4 40.0% 50.0% 60.0% 2番人気 1 […]

  • 2021.04.12

とても良い天気だった。

とても良い天気だった。 土曜日久々に府中、東京競馬場に行った。 その前に行ったのが去年の秋。 入場制限下の巨大WINS。 昨日の残りの鍋にうどんを入れ朝飯に。 午前の競馬をノーヒットで終え、ちょっと迷っていたけどやっぱり行こうと思った。 桜花賞のG-ZEROメンバー、それぞれの本命がんばれ馬券を買うのだ。 自転車に跨り、坂を下る。 どの道からいこうか? 考えてるうちに下り切ってしまい、けっきょく大 […]

  • 2021.04.11

重賞勝ち馬評価 阪神牝馬ステークス【デゼル】 ニュージーランドトロフィー【バスラットレオン】 桜花賞【ソダシ】

阪神牝馬ステークス デゼル(ディープインパクト×アヴニールセルタン by Le Havre)牝・17生 有効世代数:10代目 Ⅰ 主:5 結:4 土:1 弱:2 影:2 集:4 質:4 再:4 SP:4 ST:3 特:1(主導牡牝を通じたクロス) 合計:(33+1/60)点 クラス:2B+ Ⅱ 日本適性:〇 成長力:□ Ⅲ 距離適性 芝:S △ M 〇 I □ C △ L × ダ:S × M □  […]

桜花賞2021予想

katsu 今期42戦9勝 阪神JF(G1)を無敗で制したソダシと、その2着馬サトノレイナスが、直行でここへコマを進めてきた。 このローテーションで、桜花賞(G1)を勝った馬はおらず、これだけでも史上初となる。 管理、調教技術の向上により、以前よりも直行でG1を勝つ馬が増えたのは確かだが、4か月振りの実戦がG1というのはどうか。 各馬の仕上がり、総合力を加味し、展開も含めた予想を組み立ててみた。 […]

ニュージーランドT2021予想

katsu 今期40戦8勝 NHKマイルC(G1)のトライアルレースで、ここから本番へ進んだ馬の成績は、4-0-3-50 と、関連性も強い。 ここだけではなく、本番でも活躍できるか? その辺りを考慮した上で、印を打つ必要がありそうだ。 メンバーを見ると、出遅れ気味な馬が多いので、テンは速くならなそう。 すんなり先行できる前有利での展開予想を立ててみた。 ◎6バスラットレオン ○3アヴェラーレ ▲2 […]

阪神牝馬S2021予想

katsu 今期40戦8勝 12頭立てと、割と少な目の頭数になった今年の阪神牝馬S(G2)。 ここから、ヴィクトリアM(G1)へ進んだ馬の成績は 4-4-4-57 と、関連は強いのだが、今年はどうか? 新星誕生の可能性も含めて、思い切った予想を組み立ててみた。 ◎10デゼル ○9ロフティフレーズ ▲7イベリス △2ギルデッドミラー △3ブランノワール △4マジックキャッスル △8リアアメリア △1 […]

ニュージーランドT2021過去10年の傾向データ

ニュージーランドTは、中山芝1600mで行われる3歳限定の別定G2。 後のNHKマイルC(G1)のトライアルレースで、上位3頭には、優先出走権が与えられる。 では、過去10年の傾向データを見ていこう。 ●人気 成績 勝率 連対率 複勝率 1番人気 3-2-0-5 30.0% 50.0% 50.0% 2番人気 4-2-2-2 40.0% 60.0% 80.0% 3番人気 0-2-0-8 0.0% 2 […]

阪神牝馬S2021過去10年の傾向データ

阪神牝馬S(G2)は、阪神芝1600mで行われる牝馬限定4歳以上の別定G2。 2015年までは1400mで行われていたが、2016年からは現在の1600mとなっている。 では、過去10年の傾向データを見ていこう。 ●人気 成績 勝率 連対率 複勝率 1番人気 3-1-1-5 30.0% 40.0% 50.0% 2番人気 3-1-0-6 30.0% 40.0% 40.0% 3番人気 0-2-2-6  […]

  • 2021.04.08

種牡馬考察 ビッグアーサー

今回の血統研究所は、種牡馬考察と銘うって、今年度に産駒がデビューする種牡馬の考察を行いたいと思います。まず、種牡馬となったサラブレッドの血統構成を簡単に説明した上で、必要な血(これをキーホースと言います)がどういったものなのか、どういった配合が好ましいのか。更には、アトランダムな配合において想定される産駒の傾向を考察していきたいと思います。また、自身の目からみて血統構成上、面白いと思われる産駒(優 […]