シルクホースクラブ2022注目馬血統診断(2021年度産)

シルクホースクラブ2022注目馬血統診断(2021年度産)

今回の血統研究所は、各一口クラブの中で、血統的に見どころがある配合を何頭かピックして、簡易評価を行いたいと思います。
あくまでも簡易評価ですので、細かいところまでは出しませんが、配合的に優秀である。スピード・スタミナにかなりの良さがある。日本向きの配合である。このあたりを基準にピックしていきたいと、考えております。

※一口クラブはあくまでも金融ファンドであります。実際の競馬においての損害等は、あくまでも自己責任となります。当方は、一切の責任を負いません。また、考察の順番に配合の良し悪しは、関係ありません。更に、あくまでも血統表のみでの考察になりますので、馬体や気性面においての評価は行っておりません。それを踏まえてご閲覧頂ければ幸いであります。

では、今回はシルクホースクラブです。

・ボニーゴールドの21 牝 父:エピファネイア

主導は、サンデーサイレンス4×3を呼び水とした、Hail to Reasonの系列クロス。この父母の組み合わせで多く見られる弱点の派生こそあるものの、Sir Gaylordの系列クロスによりPrincequilloの連動をはかったのが最大の長所。本質は、芝向きの中距離タイプで、ダート・重馬場はこなせる程度。早期の中距離対応可能。

 
・リビアーモの21 牝 父:エピファネイア

主導は、サンデーサイレンス4×3を呼び水とした、Hail to Reasonの系列クロス。弱点の派生や、Princequilloの世代ズレは惜しまれるが、Tom Foolのスピードは魅力的。本質は、芝向きのマイル~中距離タイプ。ダート・重馬場はこなせる程度。日本適性の高いスピード配合。

 
・プロミストリープの21 牝 父:オルフェーヴル

前面でクロスしたサンデーサイレンス3×4は単一クロスの為、主導はNorthern Dancerを伴うノーザンテースト4・5×5。サンデーサイレンスクロスの派生により、シンプルさには劣るものの、結合のアシストとしてこのクロス自体は有効。本質は、芝・ダート兼用のマイルタイプ。重馬場もこなせる全天候型。

 
・シャトーブランシュの21 牡 父:キズナ

イクイノックス(3B)半弟。兄と同じく、Northern Dancerを伴うLyphard5×4を主導に、Halo.Sir Ivorが結合をアシスト。血の集合を母父であるキングヘイローへと集めた点も同様。配合レベル的には兄と同程度の内容を秘め、日本適性の高い配合である。本質は、芝向きの中距離タイプ。ダート・重馬場はこなせる程度。兄同様に早期中距離対応可能なタイプ。

 
・アルルの21 牡 父:サトノダイヤモンド

主導は、Danzig5×4の系列クロス。次いで、Turn-toを伴うHail to Reasonで血統を構成。Buckpasserのアシストもあり、血統全体の結合力は強固であり、主導勢力も明確な優等生的な配合。同父産駒として理想的な配合を持つ一頭。本質は、芝向きの中距離タイプ。ダート・重馬場はこなせる程度。早期中距離対応可能なタイプ。

 
・アドマイヤテレサの21 牡 父:シュヴァルグラン

主導は、Northern Dancerの系列クロス。次いで、Cosmahの系列クロス及び、Turn-toを伴うHail to Reasonの影響が強い。かなりシンプルな配合で、世代のバランスもとれている。マイナーな父だがかなり良くできた血統構成。本質は、芝向きのマイル~中距離タイプ。ダート・重馬場はこなせる程度。早期スピード対応可能なタイプ。

 
・ミスエーニョの21 牝 父:ドゥラメンテ

主導は、Mr.Prospector4×4の系列クロス。次いで、Turn-toを伴うHail to Reasonの影響が強い。この配合の良さは、明確な主導と、前述のHail to ReasonやNorthern Dancerのアシストを受けた結合力の強固さにある。惜しむらくは父の血の流れにそって無い点か。本質は、芝・ダート兼用のマイル~中距離タイプ。重馬場もこなせる全天候型。無事な開花を望みたい一頭。

 
・ラッドルチェンドの21 牡 父:ドゥラメンテ

前面でクロスした、Kingmambo(=Monevassia)3×3を呼び水とした配合で、傘下のNorthern Dancerが系列クロスとなり主導を形成。血は濃いものの理にかなった血統構成をしている。近親度が強い割には開花に時間がかかるタイプと想定され、Alibhaiを生かしたGraustark(=His Majesty)やBuckpasserのスタミナは魅力的。本質は芝向きの中距離タイプ。ダート・重馬場はこなせる程度。

 
・シャクンタラーの21 牝 父:ドレフォン

主導は、ややバランスこそ悪いものの、血統の4ブロックに配されたMr.Prospector5・7×4・5の系列クロスで明確。次いで、その父Nearcticから継続するNorthern Dancerの系列クロスで血統を構成。この配合の良さは、主導の明確性にあり、そのレベルはかなりのものと考えて良い。本質は、ダート向きのスプリント~マイルタイプ。芝は不得手だが重馬場はこなせる。

 
・メリーウィドウの21 牡 父:ドレフォン

主導は、Mr.Prospector5×4の系列クロス(父方7代目Mr.Prospectorは世代ズレと判定)。ややバランスの悪い部分が残る配合ではあるものの、Turn-to.Almahmoud.Tom Foolのスピードは魅力的。本質は、芝・ダート兼用のスプリント~マイルタイプ。重馬場もこなせる全天候型。

 
・バラダガールの21 牡 父:ニューイヤーズデイ

主導は、その父Hail to Reasonから継続するHalo5×4の系列クロス。次いで、Lyphard-Northern Dancer.Hornbeamの系列クロスで血統を構成。欧州系の血の生かし方に良さがある配合で、Palestineのスピードは魅力的。本質は、芝向きのマイル~中距離タイプ。ダートは慣れればこなせる。重馬場はこなす程度。早期中距離対応可能なタイプ。

 
・ブラマンジェの21 牝 父:ニューイヤーズデイ

主導は、その父Hail to Reasonから継続するHalo5×4の系列クロス、次いで、その父母であるNearctic.Natalmaから継続するNorthern Dancerの系列クロスで血統を構成。かなりシンプルな配合であり、反応の良さが見込める配合であると言える。本質は、芝・ダート兼用のマイル~中距離タイプ。重馬場はこなせる程度。結合力の弱さから成長力にはやや疑問も、開花は早め。

 
・アルジャンテの21 牡 父:ハービンジャー

主導は、その位置に問題を残すものの、Lypard-Northern Dancerの系列クロス。次いで、Hail to Reasonの系列クロスの影響が強い。また、Sir Ivorの中間断絶クロスや、Crepelloの系列クロスで結合をアシストしながらスタミナの核を形成。父と母父の相性の良さを生かした好配合となった。本質は、芝向きの中~クラシックタイプで、ダート・重馬場は不得手。その開花率は高いとは言い難いが、主導内の充足率の高さから、開花した際には力強い競馬を見せる可能性を秘める。

 
・サダムグランジュテの21 牝 父:リアルインパクト

主導は、その父母であるTurn-to及びNothirdchanceを伴うHail to Reason5×5。次いで、その父Native Dancerを伴うRaise a Native5×5で血統を構成。従って主導としては不明瞭な配合ではあるが、Northern Dancerの中間断絶のアシストを受け、結合力は強固な配合となった。本質は、ダート向きのマイル~中距離タイプ。芝は不得手だが、重馬場は得意なタイプ。ゆっくりと成長する晩成型。

 
・ミュージカルウェイの21 牡 父:リアルスティール

主導は、その父系であるNorthern Dancer-Nearcticと継続した、Nureyev5×4の系列クロス。明確な主導ではあるが、より前面でクロスしたMr.Prospector4×4の中間断絶の影響も強く、そこまで明確な主導足り得なかったのが惜しまれる。とは言うものの、前述のMr.Prospectorの結合アシストは良好で、主導内の充足率も良好。本質は、芝向きのマイルタイプ。ダート・重馬場はこなせる程度。距離適性の幅は広いとは言い難いが、マイラーとしてのスピードにはかなりの良さがある配合である。

 
・ガルデルスリールの21 牡 父:ルーラーシップ

主導は、Northern Dancerを伴うノーザンテースト4×4で明確。非常にシンプルな配合であり、血統全体で21連あるHyperion、22連あるNearcoの血の流れにかなりの良さがある。弱点の派生や、スタミナの核の欠如など惜しまれる部分はあるものの、ノーザンテースト主導型としては見るべき点が多い配合である。本質は、芝・ダート兼用のスプリント~マイルタイプ。重馬場もこなす全天候型。無事な開花を望みたい一頭である。

 
・プチノワールの21 牝 父:ロードカナロア

前面でクロスしたMr.Prospector4×4は中間断絶の為、主導はNorthern Dancerの系列クロス。従って主導としては不明瞭な配合だが、米系の連動をはかる意味においてMr.Prospectorの働きや、欧州系の連動に対してMill Reefをクロスさせる等、比較的理にかなった血統構成。本質は、芝向きのマイル~中距離タイプで、ダート・重馬場はこなせる程度。血の集合が散漫な為、やや詰めの甘さを見せる可能性を指摘しておきたい。

 

今回は、シルクホースクラブの1歳馬のピックをおこなってみました。あくまでも自分なりの目線でのピックですが、これ以外にも、勿論キラリと光る部分を持つ配合馬は含まれております。このような記事でも、一口馬主の皆様の参考や楽しみになれば幸いです。

今後とも、総合競馬サイトG-ZEROおよび、血統研究所をよろしくお願い申し上げます。

(taku.O)
1日1クリック!皆さん、応援よろしくお願いしますm(__)m


Advertisement

一口馬主クラブ別注目馬カテゴリの最新記事