酔いどれ競馬

1/34ページ
競馬に酔った男pirocksの、千鳥足コラム。 競馬に関する様々なニュースを、競馬ファン視点で書いた、面白くも競馬愛の深いコラムです。
  • 2024.05.27

ダービーの歓声が鳴り響く

ダービーの歓声が鳴り響き、僕はただかなしいきもちになる。 なぜだろう… 何が見たかったのか… 叶えられなかった祈りか… たくさんの喜びの声が聞こえる。 競馬場にも、SNSにも。 俺と悪友は悪態をつくわけでもなく、ただやるせないかんじで目黒記念のパドックへ歩く。 一年が終わり、また一年が始まる。 その瞬間をやるせなく歩く。 2:24.3。 戻らない、刻まれた時間。 そこに何の意味も持たせられない自分 […]

  • 2024.05.20

オークスは指定席で

やはり指定席があると余裕が違う。 ちょっと残念なこともあったが、それは最後に。 ダービーの抽選外れた。 こりゃまぢで、多摩川のボートレースオールスターに回ろかな?と思う。 競馬熱が下がっているのか? そうかもしれないし、そうでないかもしれない。 俺にとって競馬熱は平熱だったはず。 別に熱に浮かされてるわけじゃない。 近づいたり離れたりしながら、そばにずっとあった。 オークスのパドックに出走馬があら […]

  • 2024.05.13

プレゼンターは、なかやまきんに君!

どうにもこうにも流れが悪い。 流れ論? 実力不足の言い訳だろ? そんなふうに思う人は、ここで読むのをやめた方がいいかも? このコラムで何回か中学時代の恩師の話を書いた。 要約すると… シュート練習をしていて、なかなか上手くいかなかった時、反対のゴールでやってみろ!と言われたら… なぜか上手くいくようになった。 それだけの話。 風や流れに逆らうのは愚か者のやること。 男なら流れには棹さし、女には竿を […]

  • 2024.05.06

競馬場が遠くて

自転車を漕ぎ出せばすぐに東府中で、坂を下り始めれば競馬場が見えるのに… 今週末はやたら競馬場が遠かった。 金曜の夜、スタイルと笑顔の良い女店長の焼鳥屋は満員御礼。 こんなとこでゴールデンウイークを感じるのか… こっちは真面目に、まあ金がないだけだが…働いて、やっと辿り着いたオアシスは蜃気楼。 他を当たる気力もなく、コンビニ飯で家飲み沈没。 ボタンを掛け違えているわけではないが、少しずつ何かがズレて […]

  • 2024.04.29

菱田裕二は「ありがとう」と言った。

「ロイくん、ありがとう。」  「ロイくん、ありがとう。次やな。まだやな。ここからやな。」 「ゆっくり帰ろか。G1やよ。すごいよ、ロイくん。」 春天が終わり公開されたジョッキーカメラの映像。 何度も何度も、「ロイくん、ありがとう。」と繰り返した。 菱田裕二が初めてG1を勝った時、出てきた言葉はパートナーへの感謝だった。 サッカー少年だった菱田裕二は、家族で観戦に行った2004年の春の天皇賞をきっかけ […]

  • 2024.04.22

最終レース、347らの向こうへ

土曜、朝目覚める。 酒も残ってない。 悪くない気分。 朝食をすませ、歯を磨き、まだ時間はある。 2月以来の東京開催。 焦る気持ちはないが、朝一からやりたい。 馬頭観音に行ってからパドックへ。 ゆっくりと落ち着いて行きたい。 そうだ、花を買って行こう。 藤岡康太騎手の献花台があるはず。 朝からやっている花屋は… 多摩霊園まわりのコンビニは、花を置いてあるところあった気するな… よし、決まった! 4月 […]

  • 2024.04.15

皐月賞物語

見事、皐月賞馬の栄冠に輝いたのはジャスティンミラノ。 初の中山、ハイペース未経験… 何も関係なかった。 強い馬は強い! 皆さんもそう感じたのではないだろうか。 一週前の追い切りに乗ったのは藤岡康太騎手だったという。 レース後、引き上げてきた戸崎騎手と抱き合う友道康夫調教師。 レース後にこんなコメントを残した。 「先日、落馬事故で亡くなられた藤岡康太騎手のご冥福をお祈り申し上げます。康太くんはうちの […]

  • 2024.04.12

追悼 藤岡康太騎手

レース中の事故により意識不明だった藤岡康太騎手が亡くなった。 亡くなってしまったと言う気持ちが強い。 多くの人の祈りはとどかず、彼の姿を競馬場で見ることはできなくなってしまった。 ご冥福をお祈りします。 その発表から、関係者の追悼コメントの多さに、素晴らしい人間性を持った人だったんだなと… 個人的にはあまり思い入れもなく、マイルチャンピオンシップのナミュールでの騎乗に驚かされたなくらい。 SNSで […]

  • 2024.04.08

桜花賞、謳歌した?

今年は桜咲く桜花賞となった。 阪神競馬場の美しさ、彩ったのは18頭の乙女たち。 完璧や絶対などないが、そんなことを考えてしまう光景。 G-ZERO重賞予想を参考になされた方は、美女と美酒に酔ったのではないかな? 完璧などないのだけど、完璧とも思わせる予想をしたのはpirocks! 甲乙つけがたい、アスコリピチェーノとステレンボッシュの1-2なら、3着はライトバックかスウィープフィート。 もしアスコ […]

  • 2024.04.02

リーディング上位不在の結末は…

ドバイワールドカップデーで、リーディング上位がごそっと抜けた週末。 日曜は阪神で大阪杯とのことで、中山で空巣発生?関西の例の人が大暴れする始末。 ここがチャンスと若手の活躍が見たかった気もするが… ベテランと中堅がきっちり仕事をして終わりとなった。 まずは土曜中山ダービー卿チャレンジトロフィー。 先に自慢しとこうて… 久々にピロ理論パドック炸裂となった。 パドック周回が始まる… ふむふむ。 パラレ […]

1 34