京都サラブレッドクラブ2022注目馬血統診断(2021年度産)

京都サラブレッドクラブ2022注目馬血統診断(2021年度産)

今回の血統研究所は、各一口クラブの中で、血統的に見どころがある配合を何頭かピックして、簡易評価を行いたいと思います。
あくまでも簡易評価ですので、細かいところまでは出しませんが、配合的に優秀である。スピード・スタミナにかなりの良さがある。日本向きの配合である。このあたりを基準にしていきたいと、考えております。

※一口クラブはあくまでも金融ファンドであります。実際の競馬においての損害等は、あくまでも自己責任となります。当方は、一切の責任を負いません。また、考察の順番に配合の良し悪しは、関係ありません。更に、あくまでも血統表のみでの考察になりますので、馬体や気性面においての評価は行っておりません。それを踏まえてご閲覧頂ければ幸いであります。

では、今回は京都サラブレッドクラブです。

 
・クイーンハーツの21 牡 父:ゴールドシップ

主導は、Royal Chargerこそ落失するものの、Hail to Reason-Turn-toと継続するHalo4×5の系列クロス。次いで、Nashua8×6の系列クロスで血統を構成。また、Northern Dancerの中間断絶及び、Sanctus5×7の単一クロスにより、欧州系を連動。Prince Chevalierの結合こそ果たされていないものの、Djbel-Tourbillon-Ksarを主導と連動。Sanctusクロスの使い方は単一クロスのお手本とも言える。惜しむらくは、メジロマックイーン内のスタミナの生かし方が弱い点をはじめとして、これと言ったスタミナの核の形成に失敗した点と、母方の世代後退により、やや安定感に欠ける血統構成と考えられる点か。とは、言うものの日本向きのスピードにはかなりの良さがある配合となった点は見るべき部分である。本質は、芝向きのマイルタイプ。ダート・重馬場はこなせる程度。また、強調された父父ステイゴールドに血を集合、開花した際には力強い競馬を見せる可能性を秘める。早期のスピード対応可能な血統構成。

 
・タツサファイアの21 牡 父:アドマイヤムーン

前面でクロスしたMr.Prospector4×4は、途中Native Dancerがクロスするものの、ほぼ単一クロスの為、主導は、Northern Dancer5×5・5の系列クロス。この主導は、その父Nearcticを4ブロックに配しただけでなく、その全てを6代目に配しかなり明確な主導となった(この位置の良さは、種牡馬アドマイヤムーンのセールスポイントの一つ)。次いで、Nasrullah7・7・9×6・7・7で血統を構成。従って非常にシンプルな配合であり、前述のMr.ProspectorやHasty Road7×6の系列クロスのアシストもあり、結合力も良好。したがって、競走馬の血統の背骨を形成する主導・結合の評価は高い。また、Pharos(=Fairway)21連を土台構造とし、その血の流れにも良さがある。惜しむらくは、軽微な弱点を抱えた点や、これといったスタミナの核の形成に失敗した点。Princequilloの離反だが、影響度バランス(7-3-6-8)と安定感のある配合。更に強調された母母ダンシヴィルへの血の集合にも良さがある。本質も、芝・ダート兼用のスプリント~マイルタイプ。米系の連動性の良さから重馬場もこなせる全天候型。開花には時間がかかると想定されるが、完全開花した際には、力強い競馬を見せる可能性を指摘しておきたい。また、隠し味的に生きたTurn-toのキレ味やRockfellaのスタミナは魅力的。父の配合のモデルケースとして無事な開花を望みたい一頭。

 

今回は、京都サラブレッドクラブの1歳馬のピックをおこなってみました。あくまでも自分なりの目線でのピックですが、これ以外にも、勿論キラリと光る部分を持つ配合馬は含まれております。このような記事でも、一口馬主の皆様の参考や楽しみになれば幸いです。

今後とも、総合競馬サイトG-ZEROおよび、血統研究所をよろしくお願い申し上げます。

(taku.O)
1日1クリック!皆さん、応援よろしくお願いしますm(__)m


Advertisement

一口馬主クラブ別注目馬カテゴリの最新記事