南部杯マイルチャンピオンシップ【アルクトス】

南部杯マイルチャンピオンシップ【アルクトス】

南部杯マイルチャンピオンシップ
アルクトス(アドマイヤオーラ×ホシニイノリヲ by シンボリクリスエス)牡・15生
有効世代数:9代目

Ⅰ 主:8 結:7 土:4 弱:1 影:2 集:4 質:3 再:4 SP:4 ST:3 特:1(主導牡牝を通じたクロス)
合計:(40+1/60)点 クラス:3B+
Ⅱ 日本適性:〇 成長力:□
Ⅲ 距離適性
芝:S □ M 〇 I □ C × L ×
ダ:S □ M 〇 I △ C × L ×
芝適性:〇 ダート適性:〇 重馬場適性:□
Ⅳ 開花率:高め 成長型:早め

〇 短評

主導は、その父Hail to Reasonから継続させる、Halo4×4の系列クロス。その父Hail to Reasonを5・6×5・5・8と配し、米系が強い当馬の血統構成を明確にリードしている。続いて主導傘下のHail to Reason-Turn-to。次いでBold Rulerの系列クロス、Prince Roseを伴うPrincequillo.Polynesianを伴うNative Dancerの影響が強い。この配合の面白い所であり、最大に評価できる部分は、Northern Dancerクロスを用いる事無く、これらクロスの結合を、Haloがしっかり行えている点であり、近年では珍しい配合であると言える、細かく見ていくと、Bold RulerはNearcoで、PrincequilloはHyperion内Bayardoを経由して間接的に結合、Native DancerはPharamond(=Sickle)を通じて、そのスピード・スタミナをシンプルに主導たるHaloが統括しているのが見て取れる。これはかなり驚異的であり、きめ細かく血を生かした配合。更に付け加えるならば7~8代目のクロスもTenerani.Tourbillon-Ksar.The Boss.King Salmon以外は、全て主導と連動としているという念の入れ用である。惜しむらくは、Round Tableの世代ズレと、父母内に弱点を2ヶ所抱えた点であるが、前者はその父Princequilloがしっかり能力参加できている点、後者は9代目の配置を見る限り、その両者とも致命的であるとは言えない。本質は芝・ダート兼用のマイル~中距離タイプであり、重馬場はこなせる程度。ともすればマイナーな、父アドマイヤオーラの産駒ではあるが、一皮むけばこれだけの資質を秘めていると言える。その意味でも、是非開花を見たい名配合である。

 
(taku.O)
1日1クリック!皆さん、応援よろしくお願いしますm(__)m


Advertisement

各馬評価カテゴリの最新記事