重賞勝ち馬評価 富士ステークス【ソングライン】 菊花賞【タイトルホルダー】

重賞勝ち馬評価 富士ステークス【ソングライン】 菊花賞【タイトルホルダー】

富士ステークス
ソングライン(キズナ×ルミナスパレード by シンボリクリスエス)牝・18生
有効世代数:9代目

Ⅰ 主:7 結:5 土:3 弱:1 影:2 集:5 質:3 再:5 SP:4 ST:3 特:0
合計:(38/60)点 クラス:3B
Ⅱ 日本適性:□ 成長力:□
Ⅲ 距離適性
芝:S × M 〇 I □ C × L ×
ダ:S × M □ I × C × L ×
芝適性:〇 ダート適性:□ 重馬場適性:□
Ⅳ 開花率:普通 成長型:早め

〇 短評

主導は、サンデーサイレンス4×3の系列クロス。次いで、Northern Dancerの系列クロスで血統をリード。この配合の最大の長所はこの部分で、明確な主導とNorthern Dancerのアシストが強固に連動した点にある。またきめ細かく血を生かした配合で、My Babuクロスにより、仏系の特殊な血も連動。父母の再現度がなかなかに良好である点も評価できる。惜しむらくは、血の世代が新しい父に比して、母母の世代が古い点で、Alycidon(=Acropolis). Pocahontasといった、スタミナや粘りに通じる血が世代ズレを起こした点が惜しまれる。とは言うものの、スピードの血の再現は良好で、牝馬としてはこのぐらいのスタミナ量が有利か。また、血の集合が父父ディープインパクトにあり、仕上がった際は鮮やかな競馬を見せる可能性も。ただし、血の濃さから突然の不調には普通以上に注意が必要な血統構成でもある。本質は、芝向きのマイルタイプ。ダート・重馬場はこなせる程度。開花は比較的早いタイプ。

 
菊花賞
タイトルホルダー(ドゥラメンテ×メーヴェ by Motivator)牡・生
有効世代数:代目

Ⅰ 主:5 結:8 土:4 弱:2 影:2 集:4 質:4 再:6 SP:4 ST:4 特:0
合計:(43/60)点 クラス:1A
Ⅱ 日本適性:△ 成長力:〇
Ⅲ 距離適性
芝:S × M △ I ◎ C 〇 L □
ダ:S × M □ I □ C △ L ×
芝適性:〇 ダート適性:□ 重馬場適性:〇
Ⅳ 開花率:低い 成長型:遅め

〇 短評

前面でクロスした、Mr.Prospector.Mill Reef.Hail to Reason.Northern Dancerは全て中間断絶クロスであり、一見すると煩雑な血統構成である為、確かに当馬の配合の限界点はここにあると言える。しかしながら、6代目において、母の主導であったNasrullah、父のスピード源であったAlmahmoudをしっかりとクロス。世代が一代進んでいる為、影響は弱くなったものの、父母の血の良さをしっかりと再現している点が最大の長所。この配合形態は、2代父キングカメハメハの最高傑作である、ローズキングダム(1A)と比較して、シンプルさには劣るものの相似性があり、当馬の配合も、かなりのハイレベルな配合だと言えるだろう。前面でクロスした各系統も強固な土台構造を形成した、Nearco19連、Hyperion18連を頼りにし、連動性が極めて高い。惜しむらくは日本適性には欠け、キレる脚はやや望みがたいものの、スタミナに裏打ちされたスピードにはかなりの良さがある配合である。本質は、芝向きの中~長距離タイプ。ダートはやや不得手だが、重馬場はこなせる可能性を秘める。

 
(taku.O)
1日1クリック!皆さん、応援よろしくお願いしますm(__)m


Advertisement

各馬評価カテゴリの最新記事