重賞勝ち馬評価 函館スプリントステークス【ダイアトニック】 ユニコーンステークス【カフェファラオ】

重賞勝ち馬評価 函館スプリントステークス【ダイアトニック】 ユニコーンステークス【カフェファラオ】

函館スプリントステークス

ダイアトニック(ロードカナロア×トゥハーモニー by サンデーサイレンス)牡・15生

有効世代数:9代目

 

Ⅰ 主:8 結:6 土:3 弱:2 影:3 集:5 質:3 再:4 SP:4 ST:3 特:0

合計:(41/60)点 クラス:3B

Ⅱ 日本適性:□ 成長力:〇

Ⅲ 距離適性

芝:S 〇 M 〇 I □ C × L ×

ダ:S 〇 M 〇 I × C × L ×

芝適性:〇 ダート適性:〇 重馬場適性:〇

Ⅳ 開花率:普通 成長型:普通

 

〇 短評

 

主導は、Northern Dancer5・6・6×6を伴う、Storm Bird4×4。次いで、Almahmoud.Bold Ruler.Pharamond(=Siclkle).Princequilloの系列クロスの影響が強い。また、7代目以降であるが、Bull Page等のTeddy系の影響も強い。これら前述のクロスの内、Princequillo以外のクロスは、主導たるStorm Birdと直接結合し、そのスピードをしっかりとその傘下におさめている。また、Princequilloクロスは直接結合こそ果たさないものの、そのスタミナ源であるPapyrus-Traceryをクロスさせ、このクロスを通じてRibotと連動。Ribot内Pharos-Phalarisを通じ、間接的にStorm Birdと結合を果たし、Ribotと共に、当馬のスタミナの核を形成している。惜しまれるのは、母の父であるサンデーサイレンスのスピード源の一つである、Turn-toの世代ズレにより、キレのある脚が望めない可能性が高い点や、血統全体の血をきめ細かく生かしたものの、Man’o War.Tourbillon等の結合が果たされていない点から、上位レベルにおいて詰めの甘さが感じられる点か。反面、Khaled.Blue Larkspur等を直接結合させるなど、7代目以降の結合も決して致命的に悪いわけではない。非常に良くできた配合で、本質は芝向きのスプリント~マイルタイプだが、スタミナ血の引き出しに成功すればある程度の距離延長への適性は秘める。また、ダート、重馬場への適性を秘め、全天候型の配合だと言える。是非無事な開花を望む。

 

ユニコーンステークス

カフェファラオ(American Pharoah×Mary’s Follies by More Than Ready)牡・17生

有効世代数:9代目

 

Ⅰ 主:8 結:6 土:2 弱:2 影:2 集:6 質:4 再:5 SP:4 ST:4 特:0

合計:(43/60)点 クラス:1A

Ⅱ 日本適性:△ 成長力:〇

Ⅲ 距離適性

芝:S × M □ I × C × L ×

ダ:S △ M 〇 I ◎ C □ L ×

芝適性:△ ダート適性:〇 重馬場適性:〇

Ⅳ 開花率:低め 成長型:普通

 

〇 短評

 

主導は、Mr.Prospector6×4・5の系列クロス。Mr.Prospectorが存在しない母父においても、その父Raise a Nativeが6代目に存在し、血統全体をリードしている。次いで、Buckpasser7・8×5・6・6の系列クロス。血統全体で米系が非常に強く、Mr.Prospectorを主導に据えた場合においてネックとなりがちなHyperion.Princequillo等の欧州系の結合を、Northern Dancer.In Realityがしっかりとサポート。7代目以降も基本的に米系が強く、土台構造こそ弱いものの、その連動性は良好。惜しむらくは、弱点を抱えた点や前述の土台構造の散漫さ、欧州系の生かし方が弱い点や、父ほどのシンプルさが失われている点だが、血統全体の評価としてはかなり優秀。本質的にはダートのマイル~中距離タイプ。芝は不向き。是非とも無事な開花を望む。

 

(taku.O)
1日1クリック!皆さん、応援よろしくお願いしますm(__)m

各馬評価カテゴリの最新記事