広尾サラブレッドクラブ2021注目馬血統診断(2020年度産)

広尾サラブレッドクラブ2021注目馬血統診断(2020年度産)

今回の血統研究所は、各一口クラブの中で、血統的に見どころがある配合を何頭かピックして、簡易評価を行いたいと思います。
あくまでも簡易評価ですので、細かいところまでは出しませんが、配合的に優秀である。スピード・スタミナにかなりの良さがある。日本向きの配合である。このあたりを基準にピックしていきたいと、考えております。

※一口クラブはあくまでも金融ファンドであります。実際の競馬においての損害等は、あくまでも自己責任となります。当方は、一切の責任を負いません。また、考察の順番に配合の良し悪しは、関係ありません。更に、あくまでも血統表のみでの考察になりますので、馬体や気性面においての評価は行っておりません。それを踏まえてご閲覧頂ければ幸いであります。

では、今回は広尾サラブレッドクラブです。

・ハイアーラヴの20 牡 父:キズナ

主導は、Northern Dancerを呼び水にしたAlmahmoudの系列クロス。次いで、Turn-toを伴うHail to Reasonの影響も強い為、主導としては不明瞭な配合だと言える。反面、血統全体の結合力が強い配合で、Mieuxceを生かしたCrepelloがスタミナの核を形成するなど、長所と言える部分を持つ配合である。スピードにはやや不安が残るものの、現代において珍しいスタミナ優位の配合である。本質は、芝向きの中~クラシックタイプで、ダート・重馬場はこなせる程度。無事な開花を望みたい配合である。

 
・クエストフォーワンダーの20 牡 父:サトノアラジン

主導は、Northern Dancerを伴うLyphard5×4・7。母が持つ世代の悪さをある程度解消する事にせいこうした配合であり、当馬もHail to Reasonこそ世代ズレを起こしたものの、妙味を感じる配合だと言える。また、Sir Ivor.SomethingroyalやClarissimusを生かしたCrepelloの中間断絶がスタミナの核を形成、距離への融通性を秘める配合だと言える。惜しむらくは主導内Hurry Onが欠落した点で、やや底力に不安が残る点か。本質は、芝向きの中距離タイプ。ダート・重馬場はこなせる程度。

 
・ウインアルエットの20 牝 父:ルーラーシップ

主導は、Nijinskyが世代ズレを起こした為に、同父産駒としては珍しいMr.Prospectorの系列クロス。次いで、Buckpasser.Almahmoud.Lady Angela-Hyperionの影響が強い。これらクロスと主導とは、Northern Dancerのアシストもありしっかりと連動した点が最大の長所。また、前述のBuckpasserやGraustark-Ribot等のスタミナアシストがあり、しっかりとしたスタミナの核を形成、距離に融通性を持った配合となった。惜しむらくは、血の集合がやや曖昧になった為に、詰めの甘さを見せる可能性を否定できない点か。本質は、ダート向きの中距離タイプ。芝は慣れればこなせ、重馬場はこなせる。

 
今回は、広尾サラブレッドクラブの1歳馬のピックをおこなってみました。あくまでも自分なりの目線でのピックですが、これ以外にも、勿論キラリと光る部分を持つ配合馬は含まれております。このような記事でも、一口馬主の皆様の参考や楽しみになれば幸いです。

今後とも、総合競馬サイトG-ZEROおよび、血統研究所をよろしくお願い申し上げます。

(taku.O)
1日1クリック!皆さん、応援よろしくお願いしますm(__)m


Advertisement

一口馬主クラブ別注目馬カテゴリの最新記事