G3

1/17ページ

京成杯AH2022予想

katsu 今期18勝 ハンデ戦で人気が割れることによって中穴っぽい配当になるが、人気で見ると7番人気以内で決まる事が多いレース。 時折、2桁人気の激走もあるが、冷静に見極めたい。 馬と騎手の実力が出やすいマイル戦。 S指数、コース適性、時計と言った、実力に直結するファクタを重視して予想を組み立ててみた。 ◎8ダーリントンホール ○6ミスニューヨーク ▲11ファルコニア △1ベレヌス △4シャーレ […]

紫苑S2022予想

katsu 今期17勝 ◎12スタニングローズ ○10サンカルパ ▲2サークルオブライフ △4ニシノラブウインク △11サウンドビバーチェ ☆6エコルフリューゲル ☆8ライラック 本命は、◎12スタニングローズ 6月デビューで、前走のオークスまで8戦を消化。 レース内容やS指数のバラつきが徐々に解消され、フラワーCで初重賞制覇すると、その後のオークスで、0.2秒差2着と好走。 良血開花の片鱗を見せ […]

新潟2歳S2022予想

katsu 今期16勝 上位人気に逆らわない傾向のレースだが、今年は、1番人気が5倍台、6番人気まで3桁という横並び。 長い直線で追い負けしない上り重視の予想が必要と見た。 ◎7キタウイング 本命は、◎7キタウイング ズバ抜けた何かがあるわけでは無いが、前走の内容を再現できれば十分勝負になるメンバーだ。 連闘のため、軽めの調整だが、カイ食いも良く、回復急。 気性が勝ったタイプだけに折り合いは鍵とな […]

キーンランドC2022予想

katsu 今期16勝 早いもので、もう秋のG1のステップレースが行われる。 1着には、スプリンターズSの優先出走権が与えられるこのレース。 賞金が乏しい馬は、何としても確保しておきたいだろう。 様々な思惑が交錯するが、ここは、洋芝適性、S指数、仕上がりを中心に予想を組み立てる。 ◎14エイティーンガール ○6シゲルピンクルビー ▲1ヴァトレニ △8ヴェントヴォーチェ △16トウシンマカオ 本命は […]

北九州記念2022過去10年の傾向データ

北九州記念(G3)は、小倉芝1200mで行われる3歳上のハンデG3。 10万馬券2回、100万馬券2回という大荒れの波乱レースとなっている。 では、過去10年の傾向データを見ていこう。   ●人気 成績 勝率 連対率 複勝率 1番人気 0-3-0-7 0.0% 30.0% 30.0% 2番人気 1-0-2-7 10.0% 10.0% 30.0% 3番人気 1-1-1-7 10.0% 20 […]

関屋記念2022予想

katsu 今期16勝 台風の影響もあり、土曜は極端な大雨が降った。 日曜は台風一過の予報だが、馬場が痛むという意味では、影響があると考えたい。 そうなると、傾向は勿論だが、やはり外枠有利となってくる。 中穴狙いが功を奏すレースで、その辺りを突いて行きたい。 ◎7スカイグルーヴ ○1イルーシヴパンサー ▲12ウインカーネリアン △3ゴールデンシロップ △7ダノンザキッド △5リアアメリア 本命は、 […]

小倉記念2022予想

katsu 今期16勝 有力馬が内枠を引き、少々混戦ムードの小倉記念。 何を最優先とするべきか? ここがポイントになりそう。 今回は、上りの脚を最重要項目とし、予想を組み立ててみた。 ◎4ジェラルディーナ △2マリアエレーナ △10カデナ △14カテドラル △16ヒュミドール ☆1アーデントリー ☆8プリマヴィスタ ☆9シフルマン ☆11ショウナンバルディ ☆12ヒンドゥタイムズ 本命は、◎4ジェ […]

関屋記念2022過去10年の傾向データ

関屋記念(G3)は、新潟芝1600mで行われる3歳以上の別定G3。 単勝平均692円、馬連平均3897円というレースで、中穴狙いが的を射る。 では、過去10年の傾向データを見ていこう。   ●人気 成績 勝率 連対率 複勝率 1番人気 3-2-3-2 30.0% 50.0% 80.0% 2番人気 1-0-0-9 10.0% 10.0% 10.0% 3番人気 1-0-2-7 10.0% 1 […]

小倉記念2022過去10年の傾向データ

小倉記念(G3)は、小倉芝2000mで行われる3歳以上のハンデG3。 サマー2000シリーズの第3弾となっている。 では、過去10年の傾向データを見ていこう。   ●人気 成績 勝率 連対率 複勝率 1番人気 2-1-1-6 20.0% 30.0% 40.0% 2番人気 0-3-1-6 0.0% 30.0% 40.0% 3番人気 3-0-1-6 30.0% 30.0% 40.0% 4番人 […]

レパードS2022予想

katsu 今期16勝 ◎2タイセイドレフォン 本命は、◎2タイセイドレフォン 前走の弥富特別では、2着に1.3秒8馬身差の圧勝。 S指数も重賞クラスのものが出ており、フロック視できない。 アメリカ系のスピード血統で、一気にG1戦線に台頭してくる可能性もある。 単勝 ◎2タイセイドレフォン   taku.O 今期14勝 ◎2タイセイドレフォン 本命は、Mr.Prospectorを明確な主 […]

1 17