2020年11月

1/4ページ
  • 2020.11.24

タイキレーシングクラブ2020募集馬(2019年度産)

今回の血統研究所は、各一口クラブの中で、血統的に見どころがある配合を何頭かピックして、簡易評価を行いたいと思います。 あくまでも簡易評価ですので、細かいところまでは出しませんが、配合的に優秀である。スピード・スタミナにかなりの良さがある。日本向きの配合である。このあたりを基準にピックしていきたいと、考えております。 ※一口クラブはあくまでも金融ファンドであります。実際の競馬においての損害等は、あく […]

  • 2020.11.23

重賞勝ち馬評価 マイルチャンピオンシップ【グランアレグリア】 東京スポーツ杯2歳ステークス【ダノンザキッド】

マイルチャンピオンシップ グランアレグリア(ディープインパクト×タピッツフライ by Tapit)牝・16生 有効世代数:10代目 Ⅰ 主:5 結:6 土:3 弱:2 影:3 集:4 質:3 再:3 SP:4 ST:3 特:1(主導牡牝を通じたクロス) 合計:(36+1/60)点 クラス:2B+(3B)  Ⅱ 日本適性:□ 成長力:□  Ⅲ 距離適性 芝:S □ M 〇 I □ C △ L × ダ […]

  • 2020.11.23

酔いどれ、地獄のような3日開催を過ごす。

さて、私にとっては悪夢のような3日開催が終わったわけだが… 初日の昼にニラレバ食ったのが悪かったか? タラレバは良くないと思いながら、20万級を2本取り逃したというか、頭の隅に浮かんだけれど違うところから入ってしまった。 まあ、3時間マグロと格闘してバラすというような悔しさはない、悔しがる権利もないくらいだ。 入ったと思ったら、「ねぇ、穴が違うんだけど…」と言われたくらいのもんだ。 そんなよくある […]

東京スポーツ杯2歳ステークス2020予想

簡易版、2人versionとなります。 去年の勝馬はコントレイル。 過去を見てもダービー馬含め、活躍馬多数。 今年は小頭数だが、来春に向けてどんな結果が出るのか? それでは予想をどうぞ! taku.O ◎2タイトルホルダー ○3ダノンザキッド ▲1ドゥラヴェルデ △8モメントグスタール ☆4レインフロムヘヴン 本命は、主導こそ不明瞭なものの、Mr.Prospectorのスピード、Mill Reef […]

マイルチャンピオンシップ2020予想

katsu サラブレッドと騎手の能力の物差しとされるマイル戦。 スピードは、勿論だが、総合力が問われるレースと言える。 傾向から該当上位に加え、年内に重賞勝ちがある点などを中心に予想を組み立ててみた。 ◎17サリオス ○6ラウダシオン ▲4グランアレグリア △8インディチャンプ △13タイセイビジョン ☆7アドマイヤマーズ 本命は、◎17サリオス。 傾向に最も多く該当し、S指数も高く、決め手も鋭い […]

マイルCS2020過去10年の傾向データ

マイルCS(G1)は、例年は、京都芝1600mで行われる3歳以上のG1。 今年は、京都競馬場改修のため、阪神で行われる。 G1が8頭も登録という、超豪華メンバー。 では、過去10年の傾向データを見ていこう。 ●人気 成績 勝率 連対率 複勝率 1番人気 0-3-2-5 0% 30% 50% 2番人気 1-3-0-6 10% 40% 40% 3番人気 2-3-0-5 20% 50% 50% 4番人気 […]

  • 2020.11.18

今回は帯の話だ。 帯を取る、それは男の夢。 婀娜な黒髪の帯を取り、くるくる剥くとあらわれる、その白い柔肌を紅に。 回る回るは回転木馬、もう決して止まらない、さあさあさ2人で夢芝居。 同じアホなら踊らにゃ損ときたもんだ。 いや、そうじゃない、そんな話をしたかったわけじゃない。 帯を取る。帯封、つまりは100万だ。 馬券が的中して、100万以上の配当を受けるということだ。 ちなみに、JRAは最低の賭金 […]

  • 2020.11.17

私的名馬選 vol.7 トロットサンダー

閲覧者の皆様こんにちは。今回の血統研究所は、私的名馬選と銘打って、個人的に面白い配合だと思える名馬達を、成績にとらわれず、皆様に紹介をしていきたいと思います。 では、今回は、地方から中央所属になり、遂にはマイルチャンピオンシップを、翌年の安田記念をも制した、トロットサンダーです。 トロットサンダー(ダイナコスモス×ラセーヌワンダ by テスコボーイ)牡・89生 有効世代数:9代目 Ⅰ 主:7 結: […]

  • 2020.11.16

カメラカメラカメラ

どんなタイトルだよ?てことなんですが、まあ先週の振り返りです。 てことで、エリザベス女王杯を酔いどレポート! 前日のデイリー杯2歳ステークスはレコードが出た。 馬場は速そうだが、前に行って速めで脚使わせてこそて馬も見当たらず、一体どんな展開になるのか? まあ、スローかなあ?大外にラッキーライラックが入ったし、あんまり遅いとなあ…とか思ってた。 しかし、開けてびっくり玉手箱。 逃げたのは横山典弘とノ […]

  • 2020.11.16

ローレルクラブ2020募集馬(2019年度産)

今回の血統研究所は、各一口クラブの中で、血統的に見どころがある配合を何頭かピックして、簡易評価を行いたいと思います。 あくまでも簡易評価ですので、細かいところまでは出しませんが、配合的に優秀である。スピード・スタミナにかなりの良さがある。日本向きの配合である。このあたりを基準にピックしていきたいと、考えております。 ※一口クラブはあくまでも金融ファンドであります。実際の競馬においての損害等は、あく […]

1 4