katsu

1/60ページ

宝塚記念2022予想

katsu 今期14勝 牝馬三冠馬、年度代表馬、天皇賞馬、大阪杯馬、海外G1馬と、好メンバーが揃った今年の宝塚記念。 テンの早い逃げ馬がいて、スローペースは無さそう。 消耗戦に対応できる総合力、速い上りの脚、そして運命の枠順を中心に予想を組み立ててみた。 いずれにしても、やや荒れだした内よりも、外差しが決まるという見立てだ。 ◎6タイトルホルダー ○18ポタジェ ▲13アリーヴォ △4エフフォーリ […]

宝塚記念2022過去10年の傾向データ

宝塚記念(G1)は、阪神芝2200mで行われる3歳上のG1。 ファン投票によって出走馬が決まる春のグランプリレース。 牝馬が活躍するレースでもあり、昨年は、クロノジェネシスが2連覇を達成した。 では、過去10年の傾向データを見ていこう。   ●人気 成績 勝率 連対率 複勝率 1番人気 3-2-1-4 30.0% 50.0% 60.0% 2番人気 2-1-2-5 20.0% 30.0%  […]

ユニコーンS2022予想

katsu 今期14勝 時折、波乱もあるが、基本的には、人気、上り時計上位の決着となるレース。 傾向重視で絞り込み、素直に印を打っていく。 ◎7リメイク ○1ハセドン △10インダストリア △11ヴェルツァーシャル ☆6ジュタロウ 本命◎7リメイクと対抗○1ハセドンの一騎打ちと見た。 両者ともに3連勝中と勢いは他馬を圧倒。 初距離の不安はあるが、中間の動き抜群で、1400m戦の持ち時計1番の前者を […]

マーメイドS2022予想

katsu 今期14勝 傾向も当てにならない波乱の牝馬ハンデ重賞。 走るのは馬なのだが、ここは騎手の成績を中心に予想を組み立てたい。 ポイントは、このコースでの勝率10%以上の騎手。 その他、好調期が長続きしないという特性のある牝馬にあって、仕上がりは重要ファクタ。 この辺りも織り交ぜて印を打ってみた。 ◎13ハギノリュウクス △3ソフトフルート △7ウインマイティー △9ルビーカサブランカ △1 […]

エプソムC2022過去10年の傾向データ

エプソムC(G3)は、東京芝1800mで行われる3歳以上の別定G3。 2020年は、3連単421万馬券と大荒れだったが、それ以外は、比較的、上位人気で決まるレース。 では、過去10年の傾向データを見ていこう。   ●人気 成績 勝率 連対率 複勝率 1番人気 2-2-1-5 20.0% 40.0% 50.0% 2番人気 3-1-1-5 30.0% 40.0% 50.0% 3番人気 1-2 […]

函館スプリントS2022過去10年の傾向データ

函館スプリントS(G3)は、函館芝1200mで行われる3歳上の別定G3。 サマースプリントシリーズの第1弾。 2桁人気馬の馬券率が50%と高く、別定戦だが荒れる重賞。 では、過去10年の傾向データを見ていこう。   ●人気 成績 勝率 連対率 複勝率 1番人気 2-1-2-5 20.0% 30.0% 50.0% 2番人気 1-2-1-6 10.0% 30.0% 40.0% 3番人気 2- […]

安田記念2022予想

katsu 今期13勝 毎年、混戦模様の安田記念。 ここは、東京芝1600mは、息を入れられるところが少なく、単なるスピードだけでは押し切れない。 中距離を走り切れるスタミナも必要。という点を重視したい。 つまり、マイルのスピードに対応できる中距離馬を中心にするという事だ。 血統、傾向、上り時計を軸に予想を組み立ててみた。 ◎9シュネルマイスター ○13ソングライン ▲8イルーシヴパンサー △6カ […]

安田記念2022過去10年の傾向データ

安田記念(G1)は、東京芝1600mで行われる3歳上のG1。 春のマイル王決定戦であり、3歳馬が古馬と対戦する最初のG1でもある。 馬券的には、3連単10万馬券率60%と難解。 では、過去10年の傾向データを見ていこう。   ●人気 成績 勝率 連対率 複勝率 1番人気 3-3-2-2 30.0% 60.0% 80.0% 2番人気 1-0-1-8 10.0% 10.0% 20.0% 3番 […]

目黒記念2022予想

katsu 今期12勝 日本ダービー直後の波乱重賞。 ダービーの結果によって、オッズに大きく影響する事は予想できる。 人気に捕らわれず、大胆に手広く展開し、的中=高配当となるレースだろう。 上りの時計重視で組み立てる。 ◎12ラストドラフト ○10プリマヴィスタ ▲11モズナガレボシ △4ベスビアナイト △8マイネルウィルトス △9ディアマンミノル △14アサマノイタズラ △16ウインキートス △ […]

日本ダービー2022予想

katsu 今期12勝 当初、皐月賞上位組に凡走気配無し、穴馬の激走気配も無しと思えたが、一概にそうとも言い切れない。 改めて、東京芝2400mという舞台に対応する、日本ダービーというレースに対応する、そして、その運命を持つ馬は?という視点で、再検討。 血統、傾向、持ち時計、S指数、騎手、運命等を基に予想を組み立ててみた。 ◎13ドウデュース ○1アスクワイルドモア ▲15ジオグリフ △12ダノン […]

1 60