katsu

1/36ページ

皐月賞2021過去10年の傾向データ

皐月賞(G1)は、中山芝2000mで行われる3歳限定の別定G1。 クラシック三冠の第一関門で、昔から「スピードの皐月賞」と言われる。 昨年は、コントレイルが、一昨年のサートゥルナーリアに続き、ホープフルS(G1)からの直行で、ここを勝っている。 では、過去10年の傾向データを見ていこう。 ●人気 成績 勝率 連対率 複勝率 1番人気 4-1-1-4 40.0% 50.0% 60.0% 2番人気 1 […]

桜花賞2021予想

katsu 今期42戦9勝 阪神JF(G1)を無敗で制したソダシと、その2着馬サトノレイナスが、直行でここへコマを進めてきた。 このローテーションで、桜花賞(G1)を勝った馬はおらず、これだけでも史上初となる。 管理、調教技術の向上により、以前よりも直行でG1を勝つ馬が増えたのは確かだが、4か月振りの実戦がG1というのはどうか。 各馬の仕上がり、総合力を加味し、展開も含めた予想を組み立ててみた。 […]

ニュージーランドT2021予想

katsu 今期40戦8勝 NHKマイルC(G1)のトライアルレースで、ここから本番へ進んだ馬の成績は、4-0-3-50 と、関連性も強い。 ここだけではなく、本番でも活躍できるか? その辺りを考慮した上で、印を打つ必要がありそうだ。 メンバーを見ると、出遅れ気味な馬が多いので、テンは速くならなそう。 すんなり先行できる前有利での展開予想を立ててみた。 ◎6バスラットレオン ○3アヴェラーレ ▲2 […]

阪神牝馬S2021予想

katsu 今期40戦8勝 12頭立てと、割と少な目の頭数になった今年の阪神牝馬S(G2)。 ここから、ヴィクトリアM(G1)へ進んだ馬の成績は 4-4-4-57 と、関連は強いのだが、今年はどうか? 新星誕生の可能性も含めて、思い切った予想を組み立ててみた。 ◎10デゼル ○9ロフティフレーズ ▲7イベリス △2ギルデッドミラー △3ブランノワール △4マジックキャッスル △8リアアメリア △1 […]

ニュージーランドT2021過去10年の傾向データ

ニュージーランドTは、中山芝1600mで行われる3歳限定の別定G2。 後のNHKマイルC(G1)のトライアルレースで、上位3頭には、優先出走権が与えられる。 では、過去10年の傾向データを見ていこう。 ●人気 成績 勝率 連対率 複勝率 1番人気 3-2-0-5 30.0% 50.0% 50.0% 2番人気 4-2-2-2 40.0% 60.0% 80.0% 3番人気 0-2-0-8 0.0% 2 […]

阪神牝馬S2021過去10年の傾向データ

阪神牝馬S(G2)は、阪神芝1600mで行われる牝馬限定4歳以上の別定G2。 2015年までは1400mで行われていたが、2016年からは現在の1600mとなっている。 では、過去10年の傾向データを見ていこう。 ●人気 成績 勝率 連対率 複勝率 1番人気 3-1-1-5 30.0% 40.0% 50.0% 2番人気 3-1-0-6 30.0% 40.0% 40.0% 3番人気 0-2-2-6  […]

桜花賞2021過去10年の傾向データ

桜花賞(G1)は、阪神芝1600mで行われる3歳牝馬限定の別定G1。 牝馬クラシックの第一弾であり、昨年は、ドロドロの重馬場の中、デアリングタクトが突き抜けた。 では、過去10年の傾向データを見ていこう。 ●人気 成績 勝率 連対率 複勝率 1番人気 1-3-1-5 10.0% 40.0% 50.0% 2番人気 5-3-0-2 50.0% 80.0% 80.0% 3番人気 1-1-3-5 10.0 […]

大阪杯2021予想

katsu 39戦8勝 ◎12グランアレグリア ○7コントレイル ▲5ペルシアンナイト △13アドマイヤビルゴ △8レイパパレ 本命は、◎12グランアレグリア。 馬齢、関東馬、距離、コーナー4回など、課題は山積みだが、それでも、昨年のマイルCS(G1)を終えた後、ここを目標に調整してきた。 スピード能力と、牝馬特有の瞬発力は、アーモンドアイを完封したレベルで、メンバー中No.1。 あの時と同じよう […]

大阪杯2021過去10年の傾向データ

大阪杯(G1)は、阪神芝2000mで行われる4歳以上の別定G1。 かつては、天皇賞春を展望する別定G2として行われていたが、2017年にG1に昇格。 歴代の連対馬には、サクラユタカオー、ヤエノムテキ、スーパークリーク、ホワイトストーン、ダイユウサク、トウカイテイオー、メジロマックイーン、ナイスネイチャ、タイキブリザード、マーベラスサンデー、エアグルーヴ、メジロドーベル、マチカネフクキタル、エアシャ […]

1 36