G2

1/7ページ

東海S2022予想

まだ、過去10年の傾向としてデータが無いレースで、中々読み辛い。 ここは、純粋に、各馬のS指数、持ち時計、コース実績等を中心にレースを組み立てる。 katsu 今期0勝 ◎11オーヴェルニュ ○15サンライズホープ △13ブルベアイリーデ △4デュードヴァン △5スワーヴアラミス 本命は、◎11オーヴェルニュ。 このコースがとにかく得意で、3-0-0-1 はメンバー中No.1。 S指数、持ち時計も […]

AJCC2022予想

人気上位馬が強いレースなのだが、まともに人気通りとはいかず、買い方に工夫が必要なレース。 かつては、残念有馬記念と呼ばれた事もあるが、近年は、その傾向は薄い。 穴馬の台頭は目立たないので、絞って1点で決めたい。 katsu 今期0勝 ◎11オーソクレース ○2アサマノイタズラ ▲6ポタジェ △1キングオブコージ △9ボッケリーニ ☆10ラストドラフト 本命は、◎11オーソクレース。 ホープフルS0 […]

阪神C2021過去10年の傾向データ

阪神C(G2)は、阪神芝1400mで行われる3歳上の定量G2。 3連単の10万馬券率50%という荒れるレースで、非常に難解。 では、過去10年の傾向データを見て行こう。   ●人気 成績 勝率 連対率 複勝率 1番人気 1-0-2-7 10.0% 10.0% 30.0% 2番人気 1-2-1-6 10.0% 30.0% 40.0% 3番人気 2-2-1-5 20.0% 40.0% 50. […]

ステイヤーズS2021予想

katsu 今期25勝 ◎10カウディーリョ ○5アイアンバローズ ▲9ボスジラ △8トーセンカンビーナ △13シルヴァーソニック △11ディバインフォース △12ゴースト ☆3アスティ 本命は、◎10カウディーリョ。 前々走では、函館芝2600mで0.1秒差2着。 前走では、札幌芝2600mでタイム差無しの1着と、2戦連続して小回りの長距離戦で連対しており、コーナー8回のこのコースは合っていると […]

東京スポーツ杯2歳S2021予想

katsu 今期23勝 スローの瞬発力勝負になりやすい東京芝1800m。 まだまだデータの少ない2歳戦で、時計が全てではないのだが、「その時計で走った事実」は覆らない実力の証明。 走破タイム、上り時計、S指数を中心に予想を組み立ててみた。 ◎1イクイノックス ○2テンダンス ▲3アサヒ △5レッドベルアーム △8グランシエロ △12ダンテスヴュー ☆4トーセンヴァンノ ☆7デリカテス 本命は、◎1 […]

デイリー杯2歳S2021予想

katsu 今期23勝 ◎1ソネットフレーズ 本命は、◎1ソネットフレーズ。 傾向から勝ち馬の権利がある上位3頭のいずれにも懸念点がある中、この馬の場合は所属のみ。 自身に問題があるタイプではない。 兎にも角にも、血統のレベルが抜けており、楽勝しても何も不思議はない。 過去10年1勝もしていない関東馬だが、ここで一区切りとなる。 単勝3倍あるなら1点で十分で、他に手は付けない。 単勝◎1ソネットフ […]

アルゼンチン共和国杯2021予想

katsu 今期23勝 長距離のハンデ戦だが、意外と大荒れまでは無く、上位で決まる事が多い。 傾向もハッキリとしているので、これに、血統、S指数、展開を重視して、予想を組み立ててみた。 ◎15アンティシペイト ○5フライライクバード ▲13ボスジラ △3サトノソルタス △6アイアンバローズ △9ディアマンミノル △10オーソリティ △12マイネルウィルトス 単複 ◎15アンティシペイト 馬連F 1 […]

京王杯2歳S2021予想

katsu 今期22勝 データの少ない2歳戦だが、傾向も割とハッキリしており、前提として考えて良さそうだ。 その上で、S指数、持ち時計を重視して、予想を組み立ててみた。 ◎14シゲルファンノユメ ○5ベルウッドブラボー ▲11ラブリイユアアイズ △10コラリン △8トウシンマカオ △13ヴィアドロローサ △9レッツリブオン 本命は、◎14シゲルファンノユメ。 前走は、前々走から1.2秒もタイムを詰 […]

京王杯2歳S2021過去10年の傾向データ

京王杯2歳S(G2)は、東京芝1400mで行われる2歳限定の別定G2。 2歳戦最初のG2レースで、後のG1を見据えたスピード自慢の各馬が揃うレースとなっている。 では、過去10年の傾向データを見ていこう。   ●人気 成績 勝率 連対率 複勝率 1番人気 2-2-2-4 20.0% 40.0% 60.0% 2番人気 3-0-1-6 30.0% 30.0% 40.0% 3番人気 1-1-0 […]

アルゼンチン共和国杯2021過去10年の傾向データ

アルゼンチン共和国杯(G2)は、東京芝2500mで行われる3歳以上のハンデG2。 秋のG1戦線を狙う馬が、ここから始動というケースも多く、古くは、スクリーンヒーローがここからジャパンカップを制し、その子、ゴールドアクターがここから有馬記念を制した。 では、過去10年の傾向データを見ていこう。   ●人気 成績 勝率 連対率 複勝率 1番人気 2-2-1-5 20.0% 40.0% 50. […]

1 7