G1

1/3ページ

菊花賞2021過去10年の傾向データ

菊花賞(G1)は、例年は、京都芝3000mで行われる3歳限定の別定G1。 三冠レースの最終章であり、昔から「実力の菊花賞」と呼ばれている。 今年は、京都競馬場改修工事のため、阪神芝3000mで行われる。 では、過去10年の傾向データを見ていこう。   ●人気 成績 勝率 連対率 複勝率 1番人気 6-0-2-2 60.0% 60.0% 80.0% 2番人気 0-3-0-7 0.0% 30 […]

秋華賞2021予想

katsu 今期21勝 ◎4ソダシ ○9アンドヴァラナウト ▲11ユーバーレーベン △10アールドヴィーヴル △14ファインルージュ ☆1スルーセブンシーズ ☆2ステラリア ☆3クールキャット ☆5エイシンヒテン ☆6スライリー ☆13ホウオウイクセル ☆16ミスフィガロ 本命は、◎4ソダシ。 前走の札幌記念では、ラヴズオンリーユー、ペルシアンナイト、ブラストワンピースという古馬G1馬を相手に、一 […]

秋華賞2021過去10年の傾向データ

秋華賞(G1)は、例年は、京都芝2000mで行われる3歳牝馬限定の別定G1。 牝馬三冠の最終レース。 昨年は、デアリングタクトがここを勝って、史上初の無敗の牝馬三冠馬となった。 今年は、京都競馬場改修工事のため、阪神で行われる。 では、過去10年の傾向データを見ていこう。   ●人気 成績 勝率 連対率 複勝率 1番人気 4-1-1-4 40.0% 50.0% 60.0% 2番人気 1- […]

スプリンターズS2021予想

katsu 今期20勝 秋のG1戦線の初戦となるスプリンターズS。 今後への勢いという意味合いからも、ビシッと的中したい。 頂上戦であるG1であれば、傾向重視は当然。 その他、リピーターの多い特殊距離である1200mの実績、中間の動きに注意し、予想を組み立ててみた。 ◎12レシステンシア ○14ダノンスマッシュ ▲4ピクシーナイト △16モズスーパーフレア △5ファストフォース ☆11ジャンダルム […]

スプリンターズS2021過去10年の傾向データ

スプリンターズS(G1)は、中山芝1200mで行われる、3歳以上の別定G1。 「電撃の6ハロン戦」と呼ばれる一戦であり、秋のG1戦線最初のレースでもある。 昨年、目の覚めるような末脚で差し切ったグランアレグリアが天皇賞秋へ路線変更し、今年は不在。 では、過去10年の傾向データを見ていこう。   ●人気 成績 勝率 連対率 複勝率 1番人気 5-1-1-3 50.0% 60.0% 70.0 […]

宝塚記念2021予想

katsu 66戦16勝 当初、グランプリ連覇のクロノジェネシスと大阪杯(G1)を圧勝したレイパパレの一騎打ちかと思われたレースだが、傾向と照らし合わせて見ると、そんなに簡単ではないようだ。 また、南の海上には、台風5号が発生し、北上中。梅雨前線を刺激して、大雨の可能性がある。 重馬場前提での予想で、組み立ててみた。 ◎11モズベッロ ○12ミスマンマミーア ▲7クロノジェネシス △10カレンブー […]

宝塚記念2021過去10年の傾向データ

宝塚記念(G1)は、阪神芝2200mで行われる3歳以上の別定G1。 ファン投票によって出走馬が選ばれる春のグランプリレースで、独自のファンファーレが演奏される事でも知られる。 昨年は、クロノジェネシスが、1.0秒差の圧勝劇を演じ、度肝を抜いた。 では、過去10年の傾向データを見ていこう。   ●人気 成績 勝率 連対率 複勝率 1番人気 2-3-1-4 20.0% 50.0% 60.0% […]

安田記念2021予想

katsu 60戦16勝 120m~1600mで圧倒的な強さを見せるグランアレグリア。 やはり、この馬を中心としたレースになりそうだ。 傾向と瞬発力勝負への対応力、この辺りを中心に予想を組み立ててみた。 ◎5グランアレグリア ○13シュネルマイスター ▲14カテドラル △8インディチャンプ △12ケイデンスコール ☆7ラウダシオン 本命は、◎5グランアレグリア。 傾向、S指数、持ち時計、血統、中間 […]

安田記念2021過去10年の傾向データ

安田記念(G1)は、東京芝1600mで行われる、3歳以上の別定G1。 日本中央競馬会の初代理事長である、安田伊左衛門の名を頂いた伝統あるレース。 昨年は、1.3倍という圧倒的な支持を得た9冠馬アーモンドアイを、グランアレグリアが完封。 では、過去10年の傾向データを見ていこう。   ●人気 成績 勝率 連対率 複勝率 1番人気 3-2-2-3 30.0% 50.0% 70.0% 2番人気 […]

日本ダービー2021予想

katsu 58戦15勝 今年も、日本サラブレッドの頂点を決する時が来た。 毎年のことだが、予想に対し、緊張するのは、この日本ダービーだけ。 今現在も、何とも説明できない、不思議な感覚が身体の内にある。 傾向、血統、S指数、スローの瞬発力勝負、乗り替り、そして、運命。 これらの要素から、絞り込み、予想を組み立ててみた。 ◎1エフフォーリア ○14タイトルホルダー ▲4レッドジェネシス △15アドマ […]

1 3