G1

1/10ページ

東京大賞典2022過去10年の傾向データ

東京大賞典(G1)は、大井ダート2000mで行われる3歳以上のG1。 中央、地方の全日程中、1年の最後に行われるG1レースであり、本当の意味での締め括りと言える。 昨年は、オメガパフュームが同一G1を4連勝という偉業を達成した。 では、過去10年の傾向データを見ていこう。   ●人気 成績 1番人気 4-3-2-1 2番人気 2-3-2-3 3番人気 3-2-2-3 4番人気 0-0-1 […]

ホープフルS2022過去10年の傾向データ

ホープフルS(G1)は、中山芝2000mで行われる2歳限定のG1。 2013年まではOP、2014年~2016年はG2として行われ、2017年からG1に昇格。 勝ち馬には、レイデオロ、サートゥルナーリア、コントレイル等、後のクラシックで活躍する馬の名が並ぶ。 では、OP~G2時代も含めた過去10年の傾向データを見ていこう。   ●人気 成績 勝率 連対率 複勝率 1番人気 5-2-0-3 […]

有馬記念2022予想

katsu 今期25勝 春秋天皇賞馬を含む7頭のG1馬が集った今年の有馬記念。 まさに総決算なレースと言えよう。 払戻しに関わらず、納得の一頭を絞りだしたい。 ◎9イクイノックス ○13タイトルホルダー ▲3ボルドグフーシュ △10ジャスティンパレス △16ディープボンド ☆5ジェラルディーナ ☆6ヴェラアズール ☆14ボッケリーニ ☆15ブレークアップ 本命は、天皇賞秋を制した◎9イクイノックス […]

有馬記念2022過去10年の傾向データ

有馬記念(G1)は、中山芝2500mで行われる3歳以上の定量G1。 1年を締め括る暮れのグランプリレースで、出走馬は、ファン投票によって選ばれる。 昨年は、3歳馬エフフォーリアが、天皇賞秋に続き、このレースを制し、年度代表馬となった。 では、過去10年の傾向データを見ていこう。   ●人気 成績 勝率 連対率 複勝率 1番人気 6-1-1-2 60.0% 70.0% 80.0% 2番人気 […]

阪神JF2022予想

katsu 今期23勝 後にチューリップ賞~桜花賞へと繋がる、いわば「阪神芝1600m三冠ロード」の初戦。 2歳戦とは言え、ここから後のG1が出るのも納得がいく。 脚質、上り時計、傾向を重視して予想を組み立ててみた。 ◎9リバティアイランド ○14ブトンドール ▲5モリアーナ △1サンティーテソーロ △16ドゥーラ △18ラヴェル 本命は、◎9リバティアイランド 前走のアルテミスSでは、上り2番時 […]

阪神JF2022過去10年の傾向データ

阪神JF(G1)は、阪神芝1600mで行われる2歳牝馬限定のG1。 過去の勝ち馬、連対馬には、ソダシ、レシステンシア、クロノジェネシス、リスグラシュー、ハープスターなど、後のG1戦線で活躍する名馬も多い。 では、過去10年の傾向データを見ていこう。   ●人気 成績 勝率 連対率 複勝率 1番人気 4-1-0-5 40.0% 50.0% 50.0% 2番人気 1-4-0-5 10.0%  […]

チャンピオンズC2022予想

katsu 今期23勝 ダート馬に求められるものは、何よりもタフネス。 それは、肉体的にも、精神的にもだ。 パワー型が多く存在する路線において、馬体同士のコンタクトは勿論、砂を被るという走り難さも憑いて回る。 各馬の実績、今を計るS指数、仕上がりを重視して予想を組み立ててみた。 ◎12テーオーケインズ ○7オーヴェルニュ ▲13シャマル △3ハピ △10クラウンプライド ☆2サンライズホープ ☆4 […]

ジャパンカップ2022予想

katsu 今期22勝 過去10年、外国馬が馬券になっていない。 それだけで「外国馬は消し」とするには、競馬の予想として、ジャパンカップの予想としては如何なものだろうか? サラブレッドは、全世界で生産され、そこには様々な高配合馬が存在する。 それらの中で、好走実績のある馬達への招待が受理され、実現されるのがジャパンカップと考えると、日本馬に地の利はあるのは分かるが、フラットに評価すべきではないだろ […]

ジャパンカップ2022過去10年の傾向データ

ジャパンカップ(G1)は、東京芝2400mで行われる3歳以上の定量G1。 国際G1レースではあるが、開催時期の問題もあり、海外からの参戦自体が少なく、近年は馬券になっていない。 昨年は、コントレイルが有終の美を飾った。 では、過去10年の傾向データを見ていこう。   ●人気 成績 勝率 連対率 複勝率 1番人気 5-1-2-2 50.0% 60.0% 80.0% 2番人気 0-2-4-4 […]

マイルCS2022予想

katsu 今期22勝 確たる本命馬不在。 高素質馬が集まり、ハイレベルな混戦となった今年のマイルCS。 これぞG1という素晴らしい顔ぶれだ。 傾向、上り時計を中心に予想を組み立ててみた。 ◎4シュネルマイスター ○7ジャスティンカフェ ▲6ソダシ △5サリオス △10セリフォス △11ソウルラッシュ ☆15ダノンスコーピオン ☆3ダノンザキッド ☆1マテンロウオリオン 本命は、◎4シュネルマイス […]

1 10